2018/08
 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゾンビーム

落書き

最近急に涼しくなりました。
これでクーラーつけずに寝られます

先日も映画を。
グラインドハウスという映画2本立て
プラネットテラーというゾンビ映画がかなり楽しかったです
やっぱりオイラはアクションが凝っているものが好きだー(´3`)

24やプリズンブレイクも今月中にコンプしてやるさぁ~~

ブログに拍手のログというのがたまっていたので
レスしときますw
ひー、全然気づかなかった・・すいません(;^^
拍手レス
>おつかれさまでした!また今後、もし漫画を描くならば、がんばってください!
あいっ!次回作も是非よろしくです

>たらんてらの続きは書かないんですか?新作書くならぜひ女の子路線でお願いします!
一旦終了したものですからやはり厳しいですね(;^^)

>たたかえ!たらんてらの外伝風なものは出てきませんかね…?
何か別作品描いたときにゲスト出場するとか、そんなのはあるかもw

>たらんてら終了お疲れさまでした。毎回楽しみにしていただけに
>ジャンプ休刊という形で終了というのが残念でなりません。
>可能ならまた他誌で再開して欲しいです。これからも頑張って下さい。
ありがとうございます。出版不況とか色々あるみたいですが・・・
今度の作品はなるべく最後までやりとげたいものですね(´ロ`;)
スポンサーサイト

« またイベント | ホーム |  夏の祭典パート2 »

コメント

この記事へのコメント

グラインドハウスは面白そうですねww
プラネットテラーは…(汗)
ゾンビは苦手です(汗)

采丸先生の画風はとても好きなので、自分も次回作、期待してます(^^)

でも、違う作品をされるのならやっぱり山井が名残惜しいぃぃ~~wwwww

プリズンブレイク…。
好きだけどシーズン1、2を
平行してみてるからよくわからなくなっているのでシーズン1あきらめましたw
さぁ!今日はシーズン2!楽しみだなw
先生の新しい漫画も(小さな声で)

連載お疲れ様でした

こんちは。

失礼ながら先日、「たらんてら」の存在を初めて知りまして
先ず、手始めに全巻入手・読覇させて戴きました。

と言うか、見たまんまエーコ部長が完全にツボでした(笑)
ビバv-237エイエイ、オッパーイv-220??

肝心の内容ですが、明らかに不完全燃焼で終わってますよね?
既に続編の要望に対しても、一連の結論に達しておられる様ですが
やっぱり、勿体ない気がします…

誇張するではありませんが、個人的に此処何年かぶりに
出会ったインパクトの強い貴重な漫画でしたので非常に残念でなりません。

当然、編集部等との兼合いもあったかと思いますが冗談抜きで、
第2部?や、部長中心のスピンオフ作品?なんかが読みたいです…

>ゾンビ映画
映画バイオハザードⅢが11月に劇場公開ですね。
ミラ・ジョヴォヴィッチがカッコいいのは良いんですが
何か、回を追うごとにゾンビ映画(元々違うのか)から離れてる気が…

マーズアタッチメント

粉月さん>
プラネットテラーはマジでおもしろかったですよw
ストーリーとかはほとんどないけど
センスのいいギャグとアクションがなかなかです(*⌒ヮ⌒*)
グロが苦手なら無理かな

KIMANさん>
ああ、並行はきついですねープリズン
シーズンが分かれてるとはいえ
1と2の関係がかなり深いですからね・・(;^^
ティーバックが好きw

ヤモリ1号さん>
おお~後発部隊でありますねw
手にとっていただきありがとうございます!
少しでも多くの人にみていただけるのはうれしいです(^^)
とりあえず次漫画のことは続報を
少しでも早く出したいと思いますんで・・・
お待ちくだされ~
ゾンビ映画(元々違うのか)から離れてる気が>
そういえばまだ2は見てなかった・・w3の前にみなくちゃ

かぁ~わいこちゃん
パンツ見えてるぜぇ~
みたいなw
ティーバックいいですよね。
自分は案外ヘイワイヤーが好きだったりしますw

シーズンワンの最後の脱出して
ヘイワイヤーが自転車で逃げてくシーンが好きwアメフトのメットかぶってw

ですねぇ・・・ティーバッグの
いやらしい舌なめずりと、若本声
マッチしてますよねw

ヘイワイヤーはハンバーガーショップに
入ってケチャップまみれになって
食べるところが良かったww

コメントを投稿する


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://bamyu.blog54.fc2.com/tb.php/103-351360c9

この記事へのトラックバック

 | ホーム | 

プロフィール

葉生田 采丸

Author:葉生田 采丸
漫画家であります

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索